スタディクリップの代表ブログ

マーケティング、エンジニアリングなどWebに関わる幅広いテーマで発信しています。

Twitterが始める音声SNSってどうなの?

Twitterが音声のライブ配信機能を追加するようですね。
配信者は有料チケットを販売できてマネタイズの仕組みも用意されるみたいです。

www.nikkei.com

Twitterは140文字という限られた文字数ではあるものの、日本人はTwitterが大好きです。
TwitterのSNSのシェアはLINEに次いで国内2位、若年層はじめ僕のような中高年も幅広く使っている印象があります。

ただライブ配信はコンテンツを作るのに手間がかかるでしょうし、YouTubeと同じで視聴する側も時間をとられるので、元々人気がある芸能人がライブ配信するなら価値はありそうですが、わざわざチケットを買って聞いてみたいユーザーがいるかと言われたら個人的にはいないですかね・・
ラジオ好きな方にとってはニーズがある機能だと思いますが、Twitter社にとって金のなる木になるかは個人的には疑問ではあります。

とはいえライブ配信自体はテキストで伝えきれない事を補足する意味ではいいかもしれないですね。
それでも家で過ごすことが増えた昨今「音声を出す」というのは特に家族がいたりすると、若干ハードルがあがると思いますので、音声SNSの機能はあくまでもツイートを補足するという使われ方に落ち着いていくんじゃないかなあと予測しています。