スタディクリップの代表ブログ

マーケティング、エンジニアリングなどWebに関わる幅広いテーマで発信しています。

オンライン会議ツール「Teams」の便利なトコロ

Microsoft Teamsの利用者が新型コロナウィルス流行前に比べ、4.5倍の1億4500万人超に拡大したそうです。

Teamsのことを私は「チームス」と読んでおり、まわりの方も同じだったので、すっかり「チームス」で認識してしまってたのですが、正式な読み方は「チームズ」のようですね。

www.nikkei.com

同じくMicrosoft OfficeのWord、Excel、Power PointはGoogle Worksapceが広まりつつあるとはいえ、いまだ使っている企業は多いことと思いますので、その流れでリモートワークに移行したためオンライン会議でも同社が提供するTeamsを使うことになったのが要因であろうと推測できます。

私もTeamsは業務で使った事はあるのですが、正直オンライン会議の機能単体としてみたら現状はGoogle Meetの方が使いやすい印象はあります。

ただTeamsが便利だなと思ったのはOfficeで作ったファイルを共同編集できる事です。業務でがっつりOfficeを使っているならTeamsは威力を発揮すると思います。

Google Workspaceで作ったファイルでも同じ事はできますが、Google Workspaceは導入してなくてもOfficeを導入していない企業は昨今では考えられませんので、社外にファイルを送付する時はOfficeで作らざる得ない場合があるのではないでしょうか。

それにプレゼンテーション向けに「発表者モード」という機能がまもなく搭載されるようですし、これからは益々「Teams」を使う機会は増えそうだなと感じました。

internet.watch.impress.co.jp

ていうか冒頭の話に戻りますが、この記事でも「チームズ」と強調されてますが、私のように「チームス」と読んでた方はきっと多かったんでしょうね笑

最後に私がオンライン会議を始めるにあたって導入したのが、こちらのウェブカメラになります。値段の割には高画質でコスパ的には大満足の商品でしたのでご紹介します。