スタディクリップの代表ブログ

Webのグロースハックをメインテーマに発信しています。

アジャイル開発の優れたところとは?

こんにちは。
ウェブサイトのグロース支援を手掛けるスタディクリップのアオキです。
ブログへお越しいただきありがとうございます。

これまでは開発手法といえばウォーターフォールでしたが、最近アジャイル開発を経験する機会がありましたので紹介したいとおもいます。

アジャイルでは企画、設計、実装、テストのサイクルを長くても1週間から1か月という小さな期間に区切って開発していくので、企画したものを世の中に出すまでの期間が短いのが特徴です。早くリリースしてユーザーの反応を見ながら改善を図り、少しずつ完成に近づけていくアプローチをとります。
反対にウォーターフォールでは企画の段階で機能をすべて決めてから、設計、実装と進んでいくことになるので、どうしても企画とリリースまでに間があいてしまいます。

この間があく問題への対処としてアジャイルではスピードを重視し、ドキュメントよりも兎に角動くものが求められます。プロトタイプツールあたりで動きのあるものを組み上げて、企画サイドのフィードバックを得ながらプロダクトを形にしていくのです。

企画も仮説を持って作るにしても、市場に出してみないと分からない事はどうしてもあるので、仮説と実際にユーザーが求めているものを近づける取り組みとして、アジャイル開発はとても優れています。

それにインターネットのサービスは後からでも変更を反映しやすい特徴があるため、一度作ってそれで完成ということはなく、広く長く使ってもらうためには、データを元に改善し続けることが生き残る秘訣といっても過言ではないでしょう。

とはいえアジャイル開発を導入するにしても、現実問題として現場の教育が必要ですし、文化づくりも必要になるかと思います。アジャイル開発はいかなる問題でも解決してくれる魔法のツールではありませんので、今回ご紹介したような特徴をふまえたうえ、コストを払ってでもアジャイルを取り入れる価値があるかを十分に検討してみてくださいね(^^)


スタディクリップは教育業界に特化したWebの専門会社です。

スタディクリップでは習い事教室など民間の教育事業者さまに特化したグロースハックやWebコンサルティングを手掛けております。お困りのことがございましたら、私たちまでお気軽にご相談ください。