週刊アオキブログ

情報技術や教育の話題を中心に日々の気付きを発信しています。

キャッシュレスが普及したらレジ打ちの仕事は減るかも?

近い将来、給与がPayPayで振り込まれる事になるかもしれません。

最近では嬉しい事にキャッシュレスに対応した自動販売機が増えてきましたね。

という訳でこんにちは。アオキです(^^)

www.nikkei.com

このご時世だと現金を直接触るのは衛生面で心配ですし、キャッシュレスが広まればお店は人件費を削減できます。

私はキャッシュレス決済はPayPayとQUICPay(法人、個人でクレカ2枚登録)を使っています。

PayPayはキャンペーンが多いので最も使っており、対応していない店舗だとQUICKPayを使っています。

この2つを抑えておけば大抵のお店で現金が不要になりますね。

PayPayは前払い方式なので事前にチャージしておく必要がありますが、アプリで事前に設定した金額を下回ると自動でチャージする事も可能です。

使いすぎには注意が必要ですが、自動チャージをしておけば残高不足を気にする必要がなくなりますし、スマホを数回タップしてQRコードを提示すればカンタンに決済ができます。

QUICPayを利用するにはFelica搭載のスマホにクレジットカードを登録しておき、お店に設置されたリーダーにスマホをかざす事で決済できます。

クレジットカードから引き落とされるので後払いになります。(私はやった事ないのですがデビッドカードにも対応してるようです)

キャッシュレスは現金に比べて書いて・売り手の双方で手間が減りますし、リーダーさえ置いておけば、人がいなくても支払い可能です。

実際にローソンはじめ無人レジを導入しているお店は増えてますし、いずれお年玉もキャッシュレスで渡す時代がくるのかもしれませんね。