週刊アオキブログ

情報技術や教育の話題を中心に日々の気付きを発信しています。

プライドなんて屁のつっぱりにもならんのですよ

キン肉マン世代にはささるであろう慣用句をタイトルに使ってみましたw

という訳でこんにちはアオキです(^^)

 

きょうはコチラの記事を読んで感じた事を書いてみました。

bizgate.nikkei.co.jp

高学歴に限らず仕事で結果をだしたことでプライドが高くなり、こういった事象に陥いっている方をたまにお見かけします。

 

行き着く先は老害ですね、いくら歳を重ねても謙虚さが大切です。

学歴社会の弊害という事だとたまに役職について偉くなったと勘違いしている方もいます。

 

社長に近づくにつれてポジションが少なくなっていくので、一見身分制度のように見えますが、会社組織における役職というのは業務を遂行するのに便宜的に区分けしてるだけでただの役割分担ですからね。

 

もちろん役職がうえの方には敬意を払う必要はありますが、だからと言って偉そうに振る舞うのはお門違いです。

 

あと私の場合は自分より年下の方にはつい「○○くん」といいがちでしたが、よく考えたらそれも偉ぶってる感じがするので、よほど気軽に話せる間柄にならない限りは「○○さん」にしといた方がいいなと思うに至り気を付けています。

 

私は今年で41歳になりますが、このくらいになってくると周りから指摘される事もなくなってくるので、ホントこういった事には気を配らないとイカンなと思うこの頃です。